本文へスキップ


  

しみにも色々と種類があります


●老人性色素斑
しみの代表格。これまでに浴び続けた紫外線によるダメージの蓄積として、加齢に伴って現れてきます。
顔面、手背などの露光部にできやすく、薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしているのが特徴です。
日本人では通常40歳前後から発生してきますが、色白の人や、アウトドアで過ごすことが多い人では20代後半から発生することもあります。
治療はレーザー、ケミカルピーリング、レチノイン酸(トレチノイン)や美白剤(ハイドロキノン)外用などがあります。

●肝斑
30歳以降の女性に好発する顔面に対称性に生じる後天性色素性病変です。
境界明瞭な淡褐色斑が、紫外線が最も多く当たる顔面(特に額、頬、口囲)に通常左右対称性にみられます。
原因は紫外線、性ホルモンや副腎皮質ホルモンの異常、その他(避妊薬、抗痙攣薬などの薬剤、慢性過刺激性バリア破壊による色素沈着、ストレスなど)が考えられています。
治療は、遮光・保湿・強くこすって洗顔しないなど正しいスキンケアを土台とし、トラネキサム酸(トランサミン)やビタミンC・Eの内服です。
その他、レチノイン酸(トレチノイン)やハイドロキノンの外用、ビタミンCのイオン導入(エレクトロポレーション)、ケミカルピーリング、レーザートーニングがあります。

●雀卵斑(そばかす)
学童期に発症し、1㎜から数㎜大の褐色斑が両頬・下眼瞼~鼻根部に散在します。
色白の乾燥気味の肌質の人に多いです。特に夏期の日光で色が濃くなります。加齢とともに増悪し、思春期に皮疹が目立ってくるが、以後色調は薄くなっていきます。
遺伝性が多く、妊娠時に増悪する。治療はレーザーが最も効果的です。

●太田母斑
真皮メラノサイトによる色素性病変で、青白色~黒色~褐色と分布するメラニンの深さや密度により、色が異なります。
好発部位は、上下眼瞼、強膜、頬部、側頭部、鼻背、鼻翼、前額など三叉神経1、2枝領域です。
女性に多く出現し、生まれつきまたは生後間もなくして認められる早発型と、思春期や妊娠、出産後、閉経後などのホルモンバランスの大きく変化する時期に顕在化してくる遅発型とがあります。
通常、片側性ですが、両側性のこともあり、両側性後天性メラノーシスや肝斑などとの注意深い鑑別を要することがあります。数回のレーザー治療で比較的良好に除去できます。

●炎症性色素沈着
熱傷などの外傷によって引きおこされた炎症後にできるしみです。正しいスキンケア、愛護的な扱いで自然に改善します。治療としては、ハイドロキノンなどの外用美白剤ビタミンCの内服・イオン導入(エレクトロポレーション)があります。

ナビゲーション